「アメトーーク/夏季フェスタレント」の認識だ

夕べは「アメトーーク」を見ていました。
近畿ゾーンでは絶えず夜中真昼25パイ辺りから始まるのですが、
この時期はハイスクール野球の企画が長いので真昼55パイから始まりました。

昨晩の方針は「夏季フェス俳優」でした!
これは何かといいますと、夏季の音響ビッグイベントにしょっちゅう参加しているらしき
役者やコメディアンが夏季フェスの魅力を存分に申し上げるという図案でした。
団員は明石家さんま氏の幼児ですIMALU氏とかハライチの澤部氏、
フットボールアワーの岩尾氏、サバンナの高橋氏など有名なそれぞればかりでした。

日本国内で開催される夏季フェスは大スケールなものを挙げれば最低でも4つあり、
多岐にわたる等級のミュージシャンが世界中から豊富集まってしまう。
列席団員がそれぞれの夏季フェスの考え方報道を紹介していましたが、
その中でも感触に残るのは「フジ鍵ビッグイベント」でした。
これはちゃんと大スケールなフェスと言っていいでしょう。

世界中から様々なミュージシャンが集まりますし、人並み豊かな新潟県の苗場スキー舞台
で開催される結果、階級の音響を聴く以外でも川に行ったり大人並みを満喫したり
と、キャンプ感覚で喜べるのがキレイだと思いました。
また、スコールに見舞われたりすることもあるそうで、とっても自然の中でフェスを喜べる
と分かって一段と魅力を感じました。

とはいっても夏季フェスはスタミナ賭けですよね。
尽力症目論みを正しくしなくちゃいけないし、動きやすい服装も考えて来ないといけません。
年々さんざん大勢のリスナーが集まることを考慮すると、日常人込みを避けるこちらからすれば
酷いことをやるなと感心します。
普段から強制思いっ切り人の多い所に行かないので、夏季フェスに参加するとなれば
分の心機一転が必要だと考えます。

それでも夏季フェスについて温かく仰る人達は面白くてかっこよかっただ。
凄く楽しんでいる人の筋道って、聞いている傍らも嬉しいので人込みに慣れる為には
普段から神戸とか大阪に伺うべきだと思いました。
凄く興味深いアメトーークでした。http://www.itolosa.co/vio.html