底地には権利というのがしっかりとあるのですが

借地権というのは金銭的な価値があるのでこちらが支払うものを越えているのであれば問題はないです。つまりは、貸主はお金を貰うことができます。底地をしっかりと持っていることには価値があるのは間違いないのですが、借地権自体にも価値があります。どうしても取り戻す時にお金がかかることがありますから覚悟しておきましょう。ちなみに底地は売買自体はできます。第三者に売る場合でも借地権者に対しては許可を得る必要性はまったくないです。むしろ、そもそも土地だけ持っていても意味がないですし、こうしたやり方でどうにかして処分をする、ということはそんなに悪いことではないです。無理をしないで現状がどうなのか、ということをよく理解して、そのまま貸しつづけるということもそんなに悪いことではないです。底地の重要な要素として長く貸せば貸すほど、不動産としての価値が下がるということがありますから、これは注意しておいたほうがよいことになるでしょう。